[PR]城下町

Wild bird's photograph (野鳥の写真)

スズメの水浴[2014年2月の野鳥]スズメの水浴[2014年2月の野鳥]スズメの水浴

ミコアイサ♀[2014年2月の野鳥]ミコアイサ♀[2014年2月の野鳥]ミコアイサ♀スズメ[2014年2月の野鳥]スズメ[2014年2月の野鳥]スズメコガモ♂♀[2014年2月の野鳥]コガモ♂♀[2014年2月の野鳥]コガモ♂♀メジロ[2014年2月の野鳥]メジロ[2014年2月の野鳥]メジロバン[2014年2月の野鳥]バン[2014年2月の野鳥]バンスズメ[2014年2月の野鳥]スズメ[2014年2月の野鳥]スズメカワラヒワ[2014年2月の野鳥]カワラヒワ[2014年2月の野鳥]カワラヒワメジロ[2014年2月の野鳥]メジロ[2014年2月の野鳥]メジロコサギ[2014年2月の野鳥]コサギ[2014年2月の野鳥]コサギアイガモ[2014年2月の野鳥]アイガモ[2014年2月の野鳥]アイガモオオバン[2014年2月の野鳥]オオバン[2014年2月の野鳥]オオバン


【2014年2月の野鳥】
遅めの10:30出発。板倉にあるF公園の「Aの池」に11:00到着。
ここはニュータウン内の公園の為、他の鳥見人を見かける事は殆ど無い静かな場所。何時来ても、同じ場所で「スズメ」が日向ぼっこをしているので不思議に思っていたが、今回その理由がわかった。「水浴び」である。それも20羽ほどのスズメがっ!けっこう可愛い!慌ててカメラを準備したが、時既に遅く残念。やはりカメラは「何時でも撮れる状態」にしておくべきと反省。その代りこの池では珍しい「ミコアイサ♀」が1羽。他、コガモ、バン、オオバン、アイガモ、コサギ、メジロ、カワラヒワ。


クリックすると拡大します。

オオタカ[2014年2月の野鳥]オオタカ[2014年2月の野鳥]オオタカ

オオタカ[2014年2月の野鳥]オオタカ[2014年2月の野鳥]オオタカオオタカ[2014年2月の野鳥]オオタカ[2014年2月の野鳥]オオタカ


【2014年2月の野鳥】
その後、2km程先のI公園の「I沼」へ12:00到着。
ここは昨年「ハイイロチュウヒの狩場」だった近くの公園で、水鳥は数百羽の単位で居る。但し、当然な事ではあるが「人慣れ」は全くしていなく、人影を見ると沼の中央に移動してしまい、良く立ち寄るがほとんど双眼鏡で「見るだけ」の場所だった。だった?・・・と言うことは・・・?そうなんです。居ました。久しぶりに「オオタカ」を見る事が・・・。周りを警戒しながら獲物を食べていた。かをりは車の中から双眼鏡で。自分は一眼とデジスコを担いで大きめの木に隠れながら撮影。当然オオタカはこちらにも気づいて更に警戒している様子。猛禽類の迫力を十分楽しめた。


クリックすると拡大します。

M山 ミソサザイ[2014年2月の野鳥]M山 ミソサザイ[2014年2月の野鳥]M山 ミソサザイ

ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀ミソサザイ[2014年2月の野鳥]ミソサザイ[2014年2月の野鳥]ミソサザイルリビタキ♂[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♂[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♂ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀ミソサザイ[2014年2月の野鳥]ミソサザイ[2014年2月の野鳥]ミソサザイルリビタキ♂[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♂[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♂ジョウビタキ♂[2014年2月の野鳥]ジョウビタキ♂[2014年2月の野鳥]ジョウビタキ♂ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀ルリビタキ♂[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♂[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♂ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀ミソサザイ[2014年2月の野鳥]ミソサザイ[2014年2月の野鳥]ミソサザイルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀[2014年2月の野鳥]ルリビタキ♀ツグミ[2014年2月の野鳥]ツグミ[2014年2月の野鳥]ツグミカルガモ[2014年2月の野鳥]カルガモ[2014年2月の野鳥]カルガモ


【2014年2月の野鳥】
13:00栃木県「M山公園」到着。
「トラツグミ」は残念ながら見れなかったが、ここでは初めて「ミソサザイ」を見る事が出来た。「囀りの季節」以外に見たのも初めてだったが、ルリビタキの♀やジョウビタキの♂も含め頻繁に出てきてくれた。駐車場へ戻る途中、木道脇でルリビタキ♂を発見!2時間程ではあったが、満足な時間を過ごせたと思う。


クリックすると拡大します。

渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]渡良瀬遊水地 コミミズク

渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]コミミズク渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]コミミズク渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]コミミズク渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]コミミズク渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]コミミズク渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]渡良瀬遊水地 コミミズク[2014年2月の野鳥]コミミズク


【2014年2月の野鳥】
15:30渡良瀬遊水地「コミミズク」のポイント到着。
一度だけ飛んだが、それも十数秒で自分の場所から約100m先。シャッターを切る時間も無く残念。この写真は先週1月末に今季初めて撮ったコミミズク。この時は14:30このポイントに到着。何処に出るかわからず土手突き当り右側で待機する事に。16:00過ぎに反対側に飛び始めたのが見えた!当日は曇りで既に薄暗く自分の技量では今日最後のチャンスと思いかをりと反対側に移動。急いでデジスコから一眼に三脚をセットし直し、とりあえず連写!したがって・・・結果は言うまでもなく「ピンボケの嵐」。興奮して!「シャッターだけ押していれば何とかなると思っているタイプ」その者なので・・・。結局もと居た場所方向に飛んで行ってしまい、移動しなくても撮れたかも?と若干の後悔も。
興奮もひと段落したその時、隣に居たCマンが何と知り合いの「kuriboh2」さんと奥様の「アンニョン」さん。フィールドでお会いする事も多く、いろいろ教えて頂く事も多々あり、鳥見では、仲良くお話しして頂ける唯一のご夫婦なので、かをりも私も、とても嬉しい時間となりました。このご夫婦は、お二人共写真を撮られて「栗の木写真館Ⅲ」と言う「ブログ」を公開しており、私共は毎回欠かさず拝見させて頂き、楽しんでいます。


クリックすると拡大します。

bk2_top.gif