SEOツクヨミ.biz

Wild bird's photograph (野鳥の写真)

フクロウ [2013年5月の野鳥]フクロウ [2013年5月の野鳥]フクロウ
カワセミ♂[2013年5月の野鳥]カワセミ♂[2013年5月の野鳥]カワセミ♂バン [2013年5月の野鳥]バン [2013年5月の野鳥]バンフクロウ [2013年5月の野鳥]フクロウ [2013年5月の野鳥]フクロウカワセミ♂ [2013年5月の野鳥]カワセミ♂ [2013年5月の野鳥]カワセミ♂バン [2013年5月の野鳥]バン [2013年5月の野鳥]バンカワセミ(子供) [2013年5月の野鳥]カワセミ(子供) [2013年5月の野鳥]カワセミ(子供)フクロウ [2013年5月の野鳥]フクロウ [2013年5月の野鳥]フクロウバン [2013年5月の野鳥]バン [2013年5月の野鳥]バン

【2013年5月の野鳥】 
5月も最後の日曜日、栃木県N神社の「フクロウ」を見に行った。
AM6:00到着。先着のCマン1人。その方に聞いてみると、ヒナは3羽生まれたが今朝はまだ見つけられないと言う。親鳥は頻繁に飛び回って移動している。飛んでいる姿は初めて見た。ヒナが出したペレットが数ケ所に落ちているのでまだ近くには居るようだったが、今年も親鳥だけしか見る事が出来ず残念。その後近くの公園へ「カワセミ」を見に。こちらも子育て中らしく、親子で見る事が出来た。その他「バン」や「オナガの巣」を見た。


クリックすると拡大します。

トラフズク(雛) [2013年5月の野鳥]トラフズク(雛) [2013年5月の野鳥]トラフズク(雛)

トラフズク(雛) [2013年5月の野鳥]トラフズク(雛) [2013年5月の野鳥]トラフズク(雛)トラフズク(親)[2013年5月の野鳥]トラフズク(親)[2013年5月の野鳥]トラフズク(親)トラフズク(雛) [2013年5月の野鳥]トラフズク(雛) [2013年5月の野鳥]トラフズク(雛)オオヨシキリ [2013年5月の野鳥]オオヨシキリ [2013年5月の野鳥]オオヨシキリホオジロ [2013年5月の野鳥]ホオジロ [2013年5月の野鳥]ホオジロ

【2013年5月の野鳥】 
5月も後半、気になっていた「トラフズク」を再度見に行った。
AM8:00到着。先着のCマンが3名。聞いてみると「親」がいたが動いた後見失ってしまったとの事。「ヒナ」はと言うと、1羽は猛禽に遣られ、もう1羽は巣立後数回落ちて入院中だと言う。仕方なく「親」だけでも探そうと思った時!すぐ近くに「糞」が落ちて来た。その真上を探すとかなりの高所に親らしき影が・・・。「ビデスコ」のCマンの方が、ヒナも見えると言う。少し離れた場所からになってしまったがとりあえず「親」と「ヒナ」が見える処へ移動。親子の揃った写真は枝が邪魔で撮れなかったが、今年も見る事が出来たので良しとしよう。その他、オオヨシキリ、ホオジロ。


クリックすると拡大します。

DSC_5278.jpgDSC_5278.jpgDSC_5284.jpgDSC_5284.jpgDSC_5295.jpgDSC_5295.jpgDSC_5308.jpgDSC_5308.jpgDSC_5315.jpgDSC_5315.jpgDSC_5347.jpgDSC_5347.jpgDSC_5365.jpgDSC_5365.jpgDSC_5371.jpgDSC_5371.jpgDSC_5385.jpgDSC_5385.jpgDSC_5400.jpgDSC_5400.jpg


【The photograph by kaori】
神社の周りを「マクロ」で撮ってみました。            

by かをり。。。


クリックすると拡大します。

フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)

フクロウ(親) [2013年5月の野鳥]フクロウ(親) [2013年5月の野鳥]フクロウ(親)ムナグロ♂[2013年5月の野鳥]ムナグロ♂[2013年5月の野鳥]ムナグロ♂フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)ホオジロ [2013年5月の野鳥]ホオジロ [2013年5月の野鳥]ホオジロフクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)アオサギ [2013年5月の野鳥]アオサギ [2013年5月の野鳥]アオサギフクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)ダイサギ  [2013年5月の野鳥]ダイサギ  [2013年5月の野鳥]ダイサギフクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)ムナグロ♂♀ [2013年5月の野鳥]ムナグロ♂♀ [2013年5月の野鳥]ムナグロ♂♀フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)アオサギ [2013年5月の野鳥]アオサギ [2013年5月の野鳥]アオサギフクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)ムナグロ♂ [2013年5月の野鳥]ムナグロ♂ [2013年5月の野鳥]ムナグロ♂フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)カワウ [2013年5月の野鳥]カワウ [2013年5月の野鳥]カワウフクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ) [2013年5月の野鳥]フクロウ(ヒナ)カラス(営巣) [2013年5月の野鳥]カラス(営巣) [2013年5月の野鳥]カラス(営巣)


【2013年5月の野鳥】 
連休後半、今年の「フクロウ」の様子を見に近所の神社へ。
ちょっと遅めのAM10:00到着。なんと今まで見た事が無いような車列でビックリ。焦る気持ちを抑えつつカメラの準備を。その間「かをり」を先に「偵察隊」として送りこみ、TELで情報を・・・。結局、私が確認できたヒナは2羽。ただ「かをり」が言うには、巣穴の入り口にいるヒナの後ろにもう1羽見えた様で計3羽。1年ぶりでとても可愛い。2時間ほどで昼食のため一旦離れる。途中水田で「ムナグロ」の群れ。昼食後、遊水地の「トラフズク」の様子を見に行ったが、見つける事は出来なかった。カラスの巣のみ?。川沿いでは「ダイサギ」に「アオサギ」、「ホオジロ」となぜか一人ぼっちの「カワウ」。16:00になり帰宅しようと思ったが、もう一度「フクロウのヒナ」を見に寄ってみる事に。偶然知り合いの「Kさんご夫婦」に会い、久しぶりだったのでとても嬉しかった。午前中見れなかったフクロウの親も見る事が出来、再度寄って良かった。


クリックすると拡大します。

オオルリ [2013年5月の野鳥]オオルリ [2013年5月の野鳥]オオルリ
カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ)キビタキ [2013年5月の野鳥]キビタキ [2013年5月の野鳥]キビタキクロツグミ [2013年5月の野鳥]クロツグミ [2013年5月の野鳥]クロツグミミソサザイ [2013年5月の野鳥]ミソサザイ [2013年5月の野鳥]ミソサザイカワガラス(親) [2013年5月の野鳥]カワガラス(親) [2013年5月の野鳥]カワガラス(親)キビタキ [2013年5月の野鳥]キビタキ [2013年5月の野鳥]キビタキオオルリ [2013年5月の野鳥]オオルリ [2013年5月の野鳥]オオルリカワガラス(親子) [2013年5月の野鳥]カワガラス(親子) [2013年5月の野鳥]カワガラス(親子)キセキレイ [2013年5月の野鳥]キセキレイ [2013年5月の野鳥]キセキレイキビタキ [2013年5月の野鳥]キビタキ [2013年5月の野鳥]キビタキカワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ)クロツグミ [2013年5月の野鳥]クロツグミ [2013年5月の野鳥]クロツグミカワガラス(親) [2013年5月の野鳥]カワガラス(親) [2013年5月の野鳥]カワガラス(親)カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ)オオルリ [2013年5月の野鳥]オオルリ [2013年5月の野鳥]オオルリミソサザイ [2013年5月の野鳥]ミソサザイ [2013年5月の野鳥]ミソサザイカワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ)キビタキ [2013年5月の野鳥]キビタキ [2013年5月の野鳥]キビタキカワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ)カワガラス(親) [2013年5月の野鳥]カワガラス(親) [2013年5月の野鳥]カワガラス(親)カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ) [2013年5月の野鳥]カワガラス(ヒナ)

【2013年5月の野鳥】 
連休中半、栃木県民の森へ。
AM8:00到着とりあえず下流へ。昨年より1ヶ月早かったせいか?「オオルリ」も「キビタキ」も至るところで見る事が出来ちょっと驚き!おまけに「クロツグミ」まで。初撮りである。ただ11:00を過ぎた頃から鳥の姿が嘘のように無くなる。一旦車に戻り昼食休憩。午後からは上流へ。其処は何組もの「カワガラス」が子育て中。当然初見である。親とは違い「ヒナ」は渓流の石に「擬態」して居るかの様な「まだら模様」で親と一緒でなければ、カワガラスとは判らなかったと思う。近くで今度は「ミソサザイ」が囀り始めラッキー!。その後、千葉から来られた方と話しながらもう少し上流へ。結局17:00まで。一年ぶりの訪問で来る前は不安もあったが、のんびりと鳥見三昧の一日を過ごせ大満足。


クリックすると拡大します。

bk2_top.gif