Wild bird's photograph (野鳥の写真)

ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク
ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャク [2013年2月の野鳥]ヒレンジャクヤドリギ [2013年2月の野鳥]ヤドリギ [2013年2月の野鳥]ヤドリギアオゲラ [2013年2月の野鳥]アオゲラ [2013年2月の野鳥]アオゲラヨシガモ♂ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂マガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]マガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]マガモ♂♀ヨシガモ♂ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂オカヨシガモ♂ [2013年2月の野鳥]オカヨシガモ♂ [2013年2月の野鳥]オカヨシガモ♂ヨシガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂♀ヒドリガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]ヒドリガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]ヒドリガモ♂♀ヨシガモ♂ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂オカヨシガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]オカヨシガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]オカヨシガモ♂♀ヨシガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂♀ [2013年2月の野鳥]ヨシガモ♂♀

【2013年2月の野鳥】 
群馬県「O公園」の「ヒレンジャク」。
AM8:00到着。すぐに「アオゲラ」発見したが、心は「ヒレンジャク」。とりあえず、ネット掲載の「ヤドリギの写真」1枚を手掛りに探す。双眼鏡で見えた「ヤドリギ」の場所に行ってみた。既にカメラマン3名がいたので挨拶。ただ「沼」が見えなかった為、「初めて」と言う事も含め「iphone」で「写真」を見てもらいながら聞いてみた。写真は南口との事。『初めてだったらそっちの方が近くで見れるから・・・良い』と。『車で行ったほうが・・・』と場所も教わり移動した。先着のCマン2名の方に聞くと『そこにいますよ』と。双眼鏡で確認!「居ました!ヒレンジャク。カラフル。プックリ。写真と同じ!」初見です。10分位で遠くの「ヤドリギ」に飛んで行ってしまった。その後すぐに戻って来たのか?別個体?かは分からないがヤドリギの「果実を食べ」→「休憩」→「糞」→「水飲み」→「飛び去り」→「戻り」の繰り返し。「4~5羽」と言う事だが、もっと居る様にも思えるほど「同じ場所」で「頻繁」に見る事が出来た。
昼になり車内で昼食。強風になった事もあり、帰り際「Kさん」おすすめの「ヨシガモ」ポイントに寄ることにした。当然「場所」も「ヨシガモ」も初めてで「ワクワク」する。PM13:00到着。ここも強風。すぐに川沿いへ出る。川上方向に50~60羽の「カモ」の群れ。双眼鏡で見るが「マガモ」と「ヒドリガモ」ばかりである。川下方向へ行くか迷っていた時、「あっ!何か違うのが居る」と「かをり」が・・・。どうせ違うだろう?と「指差す方向」を一応見ると3羽の「ヨシガモ♂」であった。「トホホ・・・」。「自分の観察力の無さ!」と「良きパートナー」に恵まれた事を「痛感」した。それにしてもヨシガモは「綺麗」だった。他オカヨシガモ♂♀。歩行距離1.37km。


クリックすると拡大します。

カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリ
ウソ♂ [2013年2月の野鳥]ウソ♂ [2013年2月の野鳥]ウソ♂マヒワ♂ [2013年2月の野鳥]マヒワ♂ [2013年2月の野鳥]マヒワ♂モズ♂ [2013年2月の野鳥]モズ♂ [2013年2月の野鳥]モズ♂ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂ビンズイ [2013年2月の野鳥]ビンズイ [2013年2月の野鳥]ビンズイカヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリジョウビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ジョウビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ジョウビタキ♂マヒワ♀ [2013年2月の野鳥]マヒワ♀ [2013年2月の野鳥]マヒワ♀カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂アオジ [2013年2月の野鳥]アオジ [2013年2月の野鳥]アオジモズ♀ [2013年2月の野鳥]モズ♀ [2013年2月の野鳥]モズ♀カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリマヒワ♂ [2013年2月の野鳥]マヒワ♂ [2013年2月の野鳥]マヒワ♂ヤマガラ [2013年2月の野鳥]ヤマガラ [2013年2月の野鳥]ヤマガラルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリマヒワ♂ [2013年2月の野鳥]マヒワ♂ [2013年2月の野鳥]マヒワ♂ツグミ [2013年2月の野鳥]ツグミ [2013年2月の野鳥]ツグミジョウビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ジョウビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ジョウビタキ♂ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂ルリビタキ♀ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♀ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♀マヒワ♂ [2013年2月の野鳥]マヒワ♂ [2013年2月の野鳥]マヒワ♂カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリ [2013年2月の野鳥]カヤクグリルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂赤川ダム [2013年2月の野鳥]赤川ダム [2013年2月の野鳥]ダム湖トトロ [2013年2月の野鳥]トトロ [2013年2月の野鳥]トトロ

【2013年2月の野鳥】
栃木県の「U市森林公園」に初めて行った。
AM8:30到着。駐車場には既に10~15名位のグループが2組。何れも登山客。うち1組は自転車レースの時に被る様な「ヘルメット」に大きな「リュック」を背負った先輩方。間違っても「行ってはいけない」と事前に見ておいた「鉄ハシゴ」や「鎖場」のある「登山コース」を目指している方々。「凄い!」と思うばかりである。AM9:00鳥見開始。まずは「ダム湖」の「美しさ」に感動!南側遊歩道では、誰の作品か?先日の雪で作った「トトロ」がとても可愛らしかった。その後「ダム巡りコース」(1.5km)を時計回りに。途中「軽自動車」で見回り中の「管理の方」に「マヒワ」の群れている場所を教えていただき、行ってみると30羽前後の群れを見る事が出来た。昼食後2周目に入り南側「日陰」で4~5羽の「ウソ」を見た。「初見」だったが「暗く」距離もあった為「シルエット」程度にしか見えず少し残念。その先で「ルリビタキ♂」。20分程見える範囲で動き回り、今まで見た中では一番長く楽しめた。もう一ヶ所教えていただいた場所に行ってみると、目の前の「植込み」の中で何か動いている!2羽の「カヤクグリ」だった。これも「初見」である。その近くに「ルリビタキ♀」も。距離約4~5mだが少し暗かったので最初手持ちで撮っていたが、すぐにデジスコの三脚に付替え撮り直した。手持ち分は「ブレブレ」だったので結果大正解であった。駐車場に戻ったのはPM4:00前。時間も忘れ7時間近くも楽しみ十分満足の一日だった。歩行距離7.62km。


クリックすると拡大します。

茨城県涸沼 [2013年2月の野鳥]茨城県涸沼 [2013年2月の野鳥]茨城県H沼
オオワシ [2013年2月の野鳥]オオワシ [2013年2月の野鳥]オオワシオオワシ [2013年2月の野鳥]オオワシ [2013年2月の野鳥]オオワシオオワシ [2013年2月の野鳥]オオワシ [2013年2月の野鳥]オオワシオオワシ [2013年2月の野鳥]オオワシ [2013年2月の野鳥]オオワシハシビロガモ [2013年2月の野鳥]ハシビロガモ [2013年2月の野鳥]ハシビロガモハシビロガモ [2013年2月の野鳥]ハシビロガモ [2013年2月の野鳥]ハシビロガモマガモ [2013年2月の野鳥]マガモ [2013年2月の野鳥]マガモカワウ [2013年2月の野鳥]カワウ [2013年2月の野鳥]カワウスズガモ [2013年2月の野鳥]スズガモ [2013年2月の野鳥]スズガモセグロカモメ [2013年2月の野鳥]セグロカモメ [2013年2月の野鳥]セグロカモメセグロカモメ [2013年2月の野鳥]セグロカモメ [2013年2月の野鳥]セグロカモメオオバン [2013年2月の野鳥]オオバン [2013年2月の野鳥]オオバンキンクロハジロ [2013年2月の野鳥]キンクロハジロ [2013年2月の野鳥]キンクロハジロカモメ(幼鳥) [2013年2月の野鳥]カモメ(幼鳥) [2013年2月の野鳥]カモメ(幼鳥)カワウ [2013年2月の野鳥]カワウ [2013年2月の野鳥]カワウダイサギ [2013年2月の野鳥]ダイサギ [2013年2月の野鳥]ダイサギ自衛隊機 [2013年2月の野鳥]自衛隊機 [2013年2月の野鳥]自衛隊機旅客機 [2013年2月の野鳥]旅客機 [2013年2月の野鳥]旅客機

【2013年2月の野鳥】
茨城県「H沼」へ初めての「オオワシ」。
ここは周囲約22kmの全国的にも希少な汽水湖(海水と淡水が混じり合う)。「オオワシ」だけでなく15年程前には「オジロワシ」も2羽飛来し、この内一羽が「密猟者に撃ち落された」事件以来、残されたもう1羽のオジロワシも飛来しなくなった記事を偶然読んで出かける事にした。
当日AM8:30到着後、土手上で待つこと30分。遥か遠く西側上空で「トビ」に追いかけられている「オオワシ」を発見!カメラを撮れる距離ではなかったが「双眼鏡」にて水面まで降りて来て魚を獲る仕草を見る事が出来て、久しぶりに興奮!。その後何度か出たが「とにかく遠かった」。近くで飛ばなかった「運の無さ」を嘆かず!「何度も見れた!運の良さ」を喜ぶ事に!おまけに待っている間「飛び物」の「練習」も出来て、帰り道の「80km」も「オオワシ」の話であっという間であった。歩行距離0.50km。
他、ハシビロガモ、マガモ、カワウ、スズガモ、セグロカモメ、オオバン、キンクロハジロ、カモメ(幼鳥)、ダイサギ、自衛隊機、旅客機。


クリックすると拡大します。

トラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミ
ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂ [2013年2月の野鳥]ルリビタキ♂トラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミキクイダタキ [2013年2月の野鳥]キクイダタキ [2013年2月の野鳥]キクイダタキトラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミシロハラ [2013年2月の野鳥]シロハラ [2013年2月の野鳥]シロハラトラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミキクイダタキ [2013年2月の野鳥]キクイダタキ [2013年2月の野鳥]キクイダタキトラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミキクイダタキ [2013年2月の野鳥]キクイダタキ [2013年2月の野鳥]キクイダタキトラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミ [2013年2月の野鳥]トラツグミ

【2013年2月の野鳥】
再びM山へ「トラツグミ」を見に行きました。
先日チラ見した場所から探しましたが、見ることが出来ず。その後キクイダタキを比較的距離は近かかったものの「枝」と言うか「つる」や「草」が絡まったと言うか、そんな中を縦横無尽に動き回り、「被り」が多くて「没」になる事が分かっていても、「まぐれ」を信じてついつい「連写」してしまう。今日もこれで「打ち止め?」かも・・・と思いながら歩いていると、久しぶりに知合いの方と遭遇。奥様も来ているとの事でしたが姿は無く、「メジロとみかん」の話しに花が咲いていた時、奥様から「トラツグミが出た」とのTELがあり、急いで戻り、まずは「奥様にご挨拶!」【通常はこのくだりは書かないが、私共にとっては「このプロセス」が大事・・・と言う事で】その後に今期初見のトラツグミを「堪能」。ご夫婦に感謝!他ルリビタキ♂、シロハラ。歩行距離2.08km。


クリックすると拡大します。

ヒクイナ 水浴び [2013年2月の野鳥]ヒクイナ 水浴び [2013年2月の野鳥]ヒクイナ 水浴び
コミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズクヒクイナ [2013年2月の野鳥]ヒクイナ [2013年2月の野鳥]ヒクイナコミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズククイナ [2013年2月の野鳥]クイナ [2013年2月の野鳥]クイナコミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズクヒクイナ [2013年2月の野鳥]ヒクイナ [2013年2月の野鳥]ヒクイナコミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズクヒクイナ [2013年2月の野鳥]ヒクイナ [2013年2月の野鳥]ヒクイナコミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズクヒクイナ [2013年2月の野鳥]ヒクイナ [2013年2月の野鳥]ヒクイナコミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズククイナ [2013年2月の野鳥]クイナ [2013年2月の野鳥]クイナコミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズク [2013年2月の野鳥]コミミズク

【2013年2月の野鳥】
初見の「ヒクイナ」と今期初の「コミミズク」を見に行きました。
埼玉県N川上流部にPM2:00到着。
先着のカメラマンに「そこに隠れているから」と教えて頂き、待つ事5分。1羽のクイナが対岸に登場。以前北本でチラ見はしたが、全身を見たのは初めて。そのまた5分後本命の「ヒクイナ」が登場!「水浴び」を始めた。その後羽づくろい、そしてその場で動く様子が無く(その間10分程)経過。動き始めたが狭い範囲を出たり入ったり、最後は手前の葦の中へ隠れてしまった。時計を見るとまだPM3:00。折角なので流山まで18km。コミミズクを見にいった。初めての場所だったが走りながらでもカメラマンが見えたので迷わずに済んだ。PM3:30到着。すでに飛んでいた。1年ぶりで、かをりも双眼鏡の中で飛び回るコミミを追い続けるのに夢中だった。歩行距離0.30km。


クリックすると拡大します。

bk2_top.gif