キャッシング

おやまバルーンフェスタ

オニバス(鬼蓮)自生地の経緯 [埼玉県加須市の場合]

オニバスは、池や水路でみられるスイレン科の一年草。
自生地は旧北川辺町のほぼ中央に位置し、昭和32年まで越中沼があった所です。その越中沼には、オニバスをはじめ、マコモやヒシなどの水生植物が繁茂し、魚介類や野鳥たちがたくさん生息していました。
利根川の堤防移動工事の余剰土砂によって越中沼が埋められ、現在の水田地帯となりその後昭和57年に水路の改修や、平成元年からのパイプライン工事により、眠っていたオニバスが目をさまし、以来、毎年巨大な葉を広げ可憐な花を咲かせています。
埼玉県から発行されているレッドデータブックでは、絶滅のおそれがある植物の中でもっとも危険としている絶滅危惧1A類に指定されています。県内では唯一のオニバス自生地です。

オニバスの一生

6月上旬から水底の土中より種子が発芽し、矢じり形の幼葉が水面上にのびてきます。葉の成長が最も盛んな7月頃になると、とげのある丸い葉を広げるようになり、浮葉の直径は2メートル近くになります。
7月下旬~9月上旬頃まで早朝より赤紫色の可憐な花を咲かせます。
午後にはだんだん閉じてしまい、2・3日開花した後、水中に沈み種子を作ります。種子は、翌年発芽するものだけでなく、長い期間を経てから発芽する性質もあり、環境異変による絶滅の危険から身を守っています。さらには、本町のように約40年近い眠りからさめた例もあります。

オニバスの葉とトゲ

植物全体に大きなトゲが生えており、「鬼」の名が付けられている。特に葉の表裏に生えるトゲは硬く鋭い。葉の表面には不規則なシワが入っており、ハスやスイレン等と見分けることができる。また、ハスと違って葉が水面より高く出ることはなく、地下茎(レンコン)もない。

オニバスの果実(中に100個ほどの種子がある)

花は水中での閉鎖花が多く、自家受粉で100個程度の種子をつくる。種子はハスと違って球形で直径1cm程度。8月から9月ごろに葉を突き破って花茎を伸ばし、紫色の花(開放花)を咲かせることもある。種子はやがて水底に沈むが、全てが翌年に発芽するとは限らず、数年から数十年休眠してから発芽することが知られている。また冬季に水が干上がって種子が直接空気にふれる等の刺激が加わることで発芽が促されることも知られており、そのために自生地の状態によってはオニバスが多数見られる年と見られない年ができることがある。

注)右写真(果実を切断した)は地元ボランティアの方が「間引き」した物を説明しながら切断して頂いたものです。

オニバス(花)
オニバス(花)
オニバス(花)



オニバス(葉)オニバス(葉)


オニバス(果実)(種)オニバス(果実)(種)
オニバス(果実)(種)オニバス(果実)(種)
オニバス(果実)(種)オニバス(果実)(種)

クリックすると拡大します。

その他水生植物


ヒメシロアサザ


アサザ


アサザ

周辺散策
ホテイアオイの花園(道の駅 童謡のふる里おおとね 8月中旬~10月上旬頃)

オニバス(埼玉県加須市)の案内

見頃 ; 7月下旬頃~9月上旬頃まで


より大きな地図で オニバス自生地 を表示